トピックス

  • 2020年09月30日 伊藤県議が第351回定例県議会で一般質問に登壇 今後の県内観光推進や諸課題について県の姿勢をただす

    伊藤勝正県議が第351回定例県議会で、9月30日に一般質問に登壇しました。新型コロナウイルス感染の影響を受けている県内観光の推進強化をはじめ、豊かな海づくりや県立がんセンターの基本計画、鉄道駅舎のバリアフリー化など県民生活向上に欠かせない課題に関して、持論を交えながら県当局姿勢をただしました。

    ≪質問項目≫
    1、県内観光の推進強化について
    2、データに基づいた豊かな海づくり施策について
    3、特定外来生物の水草「ナガエツルノゲイトウ」駆除について
    4、既存ストック等を活用した渋滞対策について
    5、鉄道駅舎バリアフリー化の更なる推進について
    6、今日的課題を踏まえた県立がんセンターの基本設計について
    7、障害のある子どもへの専門的な指導と地域での学びを両立させる仕組みについて

    ≪質問と答弁のダイジェスト≫

    代表質問の要旨はこちらをご覧ください

公明党・県民会議議員団はSDGsを県の政策に反映し、力強く推進していきます。

  1. ホーム
  2. トピックス一覧
  3. 伊藤県議が第351回定例県議会で一般質問に登壇 今後の県内観光推進や諸課題について県の姿勢をただす