トピックス

  • 2021年02月17日 越田県議が補正予算案に関する質疑に登壇 ポストコロナ社会を見据えた県の考えをただす

    第353回定例県議会で、2月17日、越田県議が補正予算案に関する質疑に登壇しました。このたびの補正予算は、国の第3次補正予算の財源を活用し、感染拡大防止対策とともに、ポストコロナ社会を見据えた地域の経済活性化や元気づくり、防災・減災を中心とした県民の安全・安心の基盤づくりの3つを柱にしています。越田県議は、同予算での各種事業は目の前にある危機的状況への対処策であり早期に政策効果が発揮されるようスピード感を持った事業の執行の必要性を強調し、3項目にわたって県の考えをただしました。

    ≪質問項目≫
    1、医療体制の強化について
    2、クラスター化した病院や社会福祉施設への支援について
    3、コロナ禍を乗り越えポストコロナに飛躍するための経済支援策について

    ≪質問と答弁のダイジェスト≫

    補正予算案に関する質疑の要旨はこちらをご覧ください

公明党・県民会議議員団はSDGsを県の政策に反映し、力強く推進していきます。

  1. ホーム
  2. トピックス一覧
  3. 越田県議が補正予算案に関する質疑に登壇 ポストコロナ社会を見据えた県の考えをただす