トピックス

  • 2022年02月28日 松田県議が第357回定例県議会で一般質問に登壇 大阪・関西万博での情報発信などについて県の姿勢をただす

    松田一成県議が第357回定例県議会で、2月28日、一般質問に登壇しました。2025年に開催予定の大阪・関西万博での兵庫に人を呼び込む体制や情報発信をはじめ、新型コロナウイルス感染防止への取り組み、また深刻な問題ともなっている少子高齢化に伴う空家増加対策としての活用特区条例などについて、県の取り組み姿勢を厳しくただしました。

    ≪質問項目≫
    1、大阪・関西万博に向けた「ひょうごフィールドパビリオン」の展開について
    2、県と市町との関係について
    3、新型コロナウイルスへの対策について
    4、大阪湾岸道路西伸部の情報発信による事業促進について
    5、空き家活用特区条例について

    ≪質問と答弁のダイジェスト≫

    質問の要旨はこちらをご覧ください

公明党・県民会議議員団はSDGsを県の政策に反映し、力強く推進していきます。

  1. ホーム
  2. トピックス一覧
  3. 松田県議が第357回定例県議会で一般質問に登壇 大阪・関西万博での情報発信などについて県の姿勢をただす