トピックス

  • 2022年02月24日 竹尾県議が第357回定例県議会で一般質問に登壇 さまざまな女性支援などについて県の考えをただす

    竹尾ともえ県議が、第357回定例県議会で2月24日、一般質問に登壇しました。デジタル社会の中でのクラウド活用による経費削減をはじめデジタルスキルを上げるための女性支援、出産前後の訪問型支援、さらに公共交通機関のバリアフリー化など安心して暮らせる社会構築への県の考えをただしました。

    ≪質問項目≫
    1、クラウド活用による全庁システムの経費削減の取り組みについて
    2、女性デジタル人材育成による就職支援について
    3、医療的ケア児支援センター設置による取り組みについて
    4、出産前後の女性に寄り添う訪問型支援について
    5、公共交通機関におけるバリアフリー化について
    6、コロナ禍におけるオンライン等を活用した学習支援について
    7、高齢ドライバーの交通事故防止対策について

    ≪質問と答弁のダイジェスト≫

    質問の要旨はこちらをご覧ください

公明党・県民会議議員団はSDGsを県の政策に反映し、力強く推進していきます。

  1. ホーム
  2. トピックス一覧
  3. 竹尾県議が第357回定例県議会で一般質問に登壇 さまざまな女性支援などについて県の考えをただす