トピックス

  • 2020年07月27日 小泉県議が第350回県議会(臨時議会)で質疑 新型コロナ対応の現場職員への慰労金支給などについて県の考えをただす

    小泉弘喜県議が第350回県議会(臨時議会)で、7月27日質疑を行いました。中では、医療機関等の施設内で新型コロナウイルス感染症に対応してきた方々への慰労金の支給と今後の県内の医療体制の確保について県の考えをただしました。

    ≪質問項目≫
    1、新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金の支給について
    2、医療体制の確保について

    ≪質問の答弁のダイジェスト≫

    代表質問の要旨はこちらをご覧ください

公明党・県民会議議員団はSDGsを県の政策に反映し、力強く推進していきます。

  1. ホーム
  2. トピックス一覧
  3. 小泉県議が第350回県議会(臨時議会)で質疑 新型コロナ対応の現場職員への慰労金支給などについて県の考えをただす